低価格プラン

数珠

人生でお葬式を出すということはそう何度もあることではありません。ご家族が亡くなられると、すぐにお通夜・お葬式の準備が必要です。そのため、生前から近隣の葬儀社をリサーチし、情報収集をしておくことが大きなカギとなります。

Read more

必要なこと

お葬式

葬儀を行なっていく上で必要な準備はたくさんあります。葬式方法を決めることから始めていきます。費用もどの程度かかるのか考える必要があります。いまは小規模の葬儀も用意されています。

Read more

事前の準備

十字架を持つ女性

葬式の準備を不謹慎と思う人もいますが、事前の準備は満足できる葬式にすることができる大切な行為なのです。その中でも重要なポイントは、どの葬儀社に依頼するか、ということです。

Read more

委託する前に

お墓参り

遺品整理サービス業に委託する前に知っておくこと。

今日本では、遺族の代わりに遺品整理を行ってくれる会社が支持を得ている。遺族にとって非常に大変な作業を代わりにやってくれるのだから、それだけでも有り難い話だが、このような遺品整理サービス業者に委託する前に注意しておくべき点がいくつかある。まず注意すべきは、故人の住まいが借家なのか、それとも持ち家のなのかと言う違いで、持ち家の場合は時間に追われる事もなく、ゆとりがある時に業者に委託すれば良いのだが、借家の場合は期限があるのでそうもいかない。ならばどうするかと言うことだが、そのような場合は、遺品整理サービス業者に委託するまでの期間だけ、遺族の住まいに遺品を移動させる方法か、またはトランクルームを借りて移動させる方法がある。いずれにせよ遺品整理をしてもらう前に必ず気を付けなければいけないのはこの点だ。

他にもある、知っておくと良いこと。

これ以外にも、委託する前に遺族が心得ていなければならないポイントはいくつかある。遺品整理サービス業者は遺品の仕分けをしてくれる業者だが、故人の残した物の価値を知るのは遺族しかいない。なので遺産相続の対象となるものは遺族がより分け、故人の残した手紙や記録物、携帯のデータ保存等も遺族が行い、形見分けの対象となるものも区別しておかなければならない。それ以外では業者利用時のトラブルを避ける手立てとして、トラブルが一番多い遺品の誤処分を防ぐ為に、遺品整理の場にきちんと立ち会い、確認する事が必要である。このように遺品整理サービス業者を利用する遺族の心がけ1つで、無駄なトラブルを回避出来、快適に委託する事が出来るので、遺品整理を行う際は是非参考にして欲しい。

小規模が主流

カーネーション

お通夜・お葬式の執り行い方とは、時代によって変わるものです。日本では、家族・親戚・友人・知人・会社関係など、亡くなられたことをお付き合いのあった方に幅広く知らせ、多くの方に参列してもらうスタイルが一般的でした。

Read more

関連リンク